RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ポール・マッカートニー Paul McCartney ビートルズ The Beatles 最新ニュース powered by Jash

ポール・マッカートニー、ビートルズに関する最新ニュースブログ。twitterのニュース配信ログとなっています。また、過去のニュース(2006〜2009年2月まで)を掲載しています。powered by Jash's Homepage → http://jash.hacca.jp
<< EMI買収に決着、テラファーマが経営権獲得 | main | レノンさんの眼鏡、故郷に 日本でも使用、英国人落札 >>
日本のバンド、A・モンキーズのショウをオープン
日本を代表するビートルズのトリビュート・バンドThe Parrots(パロッツ)が、土曜日(7月28日)、マンチェスターで行なわれたアークティック・モンキーズのマッシヴ・コンサートのオープニングを飾った。アークティック・モンキーズは5万人を収容するグラウンドで2日間に渡りパフォーマンス。サポートには、彼らお気に入りのアーティストを集めた。

フロントマンのアレックス・ターナーはコンサートがスタートする前、ParrotsについてNME.COMへこう話したという。「日本で彼ら(Parrots)のショウを見た。スゴかったよ。サポート頼めたら最高だなって言ってたんだ。今回のショウをオープンしてもらうのにピッタリだ」

ビートルズという世界共通語、そしてそれを本物ソックリに再現する彼らの演奏は、アークティック・モンキーズの狙い通り、会場を盛り上げたようだ。NME.COMによると、Parrotsのパフォーマンスは3時30分にスタート。おそろいのターコイズ色のジャケットを着用した彼らは『Yellow Submarine』からのトラック「Hey Bulldog」や「Help」のB面に収録された「I'm Down」、「Day Tripper」「Taxman」などをプレイ。「Come Together」や「Back to The USSR」で会場は大合唱となったそうだ。

この日はParrotsのほか、エイミー・ワインハウス、コーラル、スーパーグラスなど豪華な面々がサポートとして登場している。

まだ若いながら、5万人を前にヘッドラインを務めたアークティック・モンキーズ。ラストを飾るに相応しいそのライヴ・アクトは、<Summer Sonic '07>で見ることができる。


Source: Barks
| tribute band | 21:54 | - | - | - | - |