RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ポール・マッカートニー Paul McCartney ビートルズ The Beatles 最新ニュース powered by Jash

ポール・マッカートニー、ビートルズに関する最新ニュースブログ。twitterのニュース配信ログとなっています。また、過去のニュース(2006〜2009年2月まで)を掲載しています。powered by Jash's Homepage → http://jash.hacca.jp
<< ビートルズ有名曲「エリナー・リグビー」モデル実在の証拠、1700万円落札 | main | ポール・マッカートニー、ファン拒絶のリンゴ・スターを擁護 >>
小田和正、ポール・マッカートニーの記録を抜く
26日と27日の両日に渡り、小田和正が東京ドームでコンサートを開催した。小田が東京ドームに立つのは1989年2月26日のオフコース解散コンサート以来。ソロでのドーム公演は初めてで、単独アーティストとしては2002年に60歳でステージに立ったポール・マッカートニーの史上最年長記録を61歳2カ月で塗り替えた。小田は1週間前に自転車で走行中に転倒し、足を傷めたがファンの顔が見たいと2002年から続けている花道を走り抜けるパフォーマンスを展開した。27日の冒頭のMCでは「今日は足がどうにも不自由で昨日(ステージで)走ったら歩くことも困難になった」と告白。長い長い花道をながめ「ここを風のごとく大疾走できなかったことが心残り。でも、神様が“お前調子乗ってんじゃないよ”と僕の頭をゴツンとたたいたのでしょう。いつかまた機会あったら目にも止まらぬ速さで駆け抜けてみせる」と誓った。27日のコンサートではオフコース時代の名曲「さよなら」や、KAT-TUNに提供した「僕らの街で」など20曲以上を披露。終盤にソロ最大のヒット曲「ラブ・ストーリーは突然に」を歌うと会場は総立ちに。客のかけ声と拍手に呼び寄せられるように客席に降りた小田は足を引きずりながら1階席を練り歩き、続く「キラキラ」では“因縁”の自転車に乗ってファンの声援に応えていた。公演は12月6日にナゴヤドームと12月20日に京セラドーム大阪でも開かれ、4公演で計18万人を動員する。


Source: 毎日新聞
| related news | 23:58 | - | - | - | - |