RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ポール・マッカートニー Paul McCartney ビートルズ The Beatles 最新ニュース powered by Jash

ポール・マッカートニー、ビートルズに関する最新ニュースブログ。twitterのニュース配信ログとなっています。また、過去のニュース(2006〜2009年2月まで)を掲載しています。powered by Jash's Homepage → http://jash.hacca.jp
ポール・マッカートニーがグラミー授賞式で演奏へ、デイヴ・グロールが共演
2月8日にロサンジェルスのステイプルズ・センターで行なわれる第51回グラミー賞の授賞式で、ポール・マッカートニーが演奏します。グラミー賞公式サイト掲載のプレス・リリース(1月26日付)によると、2008年6月の「リバプール・サウンド」で共演したフー・ファイターズのデイヴ・グロールがポールのステージでドラマーをつとめます。1月29日現在、パフォーマーとしての出演が発表されているのはポールのほかロバート・プラント&アリソン・クラウス、U2、レディオヘッド、コールドプレイ、ジェイ・Zなど。プレゼンターとしてはグウィネス・パルトロウ、ダフィーなどの名前が挙がっています。
第51回グラミー賞ではポールが2部門、リンゴ・スターが1部門でノミネートされています。


Source: BEA-MAIL
| Paul McCartney news | 23:50 | - | - | - | - |
ポール・マッカートニー、アメリカのコメディ番組にゲスト出演
1月28日、アメリカのケーブルテレビ・チャンネル「コメディ・セントラル」の人気番組『ザ・コルベール・レポート』にポール・マッカートニーがゲスト出演しました。これはコメディアンのスティーヴン・コルベールが司会をつとめる深夜番組で、ポールは録画のインタビュー映像で登場しています。
ポールの出演部分は、番組のウェブサイトを通じて視聴できます(2009年1月28日付、タイトルは「Better Know a Beatle - Paul McCartney」)。


Source: BEA-MAIL
| Paul McCartney news | 23:48 | - | - | - | - |
P・マッカートニー 「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック&アート・フェスティヴァル」に出演決定
4月に開催される毎年恒例のロックフェス「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック&アート・フェスティヴァル」の出演アーティストが明らかになった。

コーチェラ・フェスは4月17日〜19日に米カリフォルニア州インディオのエンパイア・ポロ・クラブで開催される。初日のヘッドライナーを務めるのは元ザ・ビートルズのメンバー、ポール・マッカートニー。ザ・ファイアマン名義で先日リリースしたアルバム『Electric Arguments』を引っさげて、初めてのアメリカでのフェス出演を実現する。

2日目の夜はザ・キラーズとUK出身のお騒がせディーヴァ、エイミー・ワインハウスがヘッドライナーを務める。そして最終日は、ゴス・ロックのレジェンド、ザ・キュアー(写真)と、昨年再結成を果たしたシューゲイザーのアイコン、マイ・ブラディ・ヴァレンタインが締めくくる予定だ。


Source: MTV JAPAN
| Paul McCartney news | 23:44 | - | - | - | - |
ポール・マッカートニーが4月にニューヨークでチャリティ・コンサート出演へ
4月4日にニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開催されるチャリティ・コンサートに、ポール・マッカートニーが出演することになりました。コンサートを主催するのは映画監督のデヴィッド・リンチが設立した「デヴィッド・リンチ・ファウンデーション」で、かつてビートルズも傾倒した超越瞑想を学校教育のなかで普及させるための活動などを行なう非営利財団です。財団のウェブサイトではポールのほかドノヴァン、シェリル・クロウ、エディ・ヴェダー、モービーなどの出演が発表されています。


Source: BEA-MAIL
| Paul McCartney news | 23:05 | - | - | - | - |
ポール・マッカートニーがアメリカでテレビのトーク番組に出演
ポール・マッカートニーは1月14日、アメリカABCテレビのトーク番組『ザ・ビュー』にゲスト出演しました。ニューヨークのスタジオから生放送されたこの番組に登場したポールは、進行役のバーバラ・ウォルターズなどを相手に30分ほどのトークを行ない、ファイアーマンのアルバム『エレクトリック・アーギュメンツ』のこと、2008年秋のイスラエル訪問時のこと、ビートルズのメンバーのこと、ラスベガスで上演中の『ラヴ』のこと、5人の子どもたち(ヘザー、メアリー、ステラ、ジェイムズ、ベアトリス)のことなどを語りました。
放送の抜粋は、番組のウェブサイトで視聴できます。「More Video」のところで「1/14: Paul McCartney」を選択すると、パート1からパート3まで続けて観ることができます。うちパート2では、ポールがいつもポケットに小さなハーモニカを入れて持ち歩いていて、あるとき空港で泣いている赤ちゃんに向かって吹いたというユーモラスなエピソードも披露されています。


Source: BEA-MAIL
| Paul McCartney news | 23:02 | - | - | - | - |
ポール・マッカートニー、アメリカでラジオ番組にも出演
1月14日、ポール・マッカートニーはテレビ番組『ザ・ビュー』に出演したあと、ニューヨークの衛星ラジオ局シリウスXMのスタジオを訪れ、同局の番組『ハワード・スターン・ショー』に出演しました。番組内で行なわれたポールのインタビューは、ファイアーマンのアルバムの話から始まって約40分におよび、そのもようは1月17日と18日に特別番組として同局から再放送されました。番組のウェブサイトでは、「FRIDAY'S SHOW」のセクションにポール出演時のことが簡単に紹介されています。
ポールの公式サイト(1月16日付)によると、ポールは誕生日を迎えたばかりのスターンに、みずからサインをした新品のヘフナー・ベースをプレゼントしたといいます。


Source: BEA-MAIL
| Paul McCartney news | 23:00 | - | - | - | - |
ファイアーマンの曲がテレビドラマの挿入曲に
アメリカのケーブルテレビ局で1月9日に放送された連続テレビドラマ『クラッシュ』の最終回で、ファイアーマンの「ナッシング・トゥー・マッチ・ジャスト・アウト・オブ・サイト」が挿入曲として使用されました。この番組はアカデミー賞を受賞した映画『クラッシュ』(2004年)のドラマ化で、2008年10月から全13回シリーズで放送されていました。
ポール・マッカートニー公式サイト(1月14日付)では、ファイアーマンの曲を使ったドラマの予告映像へのリンクが貼られています。


Source: BEA-MAIL
| Paul McCartney news | 22:58 | - | - | - | - |
PAUL McCARTNEYが、現在のパートナーNANCY SHEVELLと3度目の結婚をすることが報じられる
ポール・マッカートニーが、現在の恋人であるナンシー・シェヴェルと結婚をする可能性が報じられた。
 
 「Daily Mirror」紙が伝えたところによると、ポールは自身3度目となる再婚を希望。相手となる現在49歳のナンシーにはブルース・ブレイクマンという弁護士の夫がいたが、昨年12月に離婚協議が成立し、これを機に2人が結婚へと進むとみられている。同誌は、ポールが友人に「一緒になることができて幸せだ」と語ったとし、これまで再婚に反対していた娘のステラ・マッカートニーも、最近になって再婚を認めたと報じている。
 
 現在66歳のポール・マッカートニーは、最初の妻、リンダ・マッカートニーと1998年に死別。2002年に元モデルのヘザー・ミルズと婚約、その後結婚するものの2008年に多額の慰謝料を支払う形で裁判離婚していた。


Source: bounce
| Paul McCartney news | 22:41 | - | - | - | - |
ポール・マッカートニーのマイケル・ジャクソン物マネ、放送禁止?
『Telegraph』紙によると、英国営放送BBCはポール・マッカートニーがマイケル・ジャクソンの口調を真似たインタヴュー映像を放送しないことに決めたらしい。マッカートニーはインタヴュー中ジャクソンについて問われ際、彼の甲高い声を真似し答えたといわれている。

BBCの関係者は「とても面白かった」が、「BBCは“異人種間の物まね”が議論の的になりかねないと懸念した」と『Daily Mail』紙に語っている。BBCは最近、コメディアンとプレゼンターがラジオ番組の放送中にかけたイタズラ電話が問題となり、ナーバスになっているようだ。関係者によると「いくらポール・マッカートニーとはいえ、受け入れられないと考えられた」という。

ポール・マッカートニーとマイケル・ジャクソンは、以前はコラボを発表するなど親しくしていたものの、マイケルがビートルズのバックカタログを手に入れたことで気まずくなったといわれている。その後、ポール・マッカートニーは「気分がいいとは言えないよ。ツアーに出て自分の曲を歌うだろ、「Hey Jude」を歌う度に誰かに金を払わなきゃいけないんだ」と話したこともある。

ポール・マッカートニーは最近、BBCのインタヴュー以外でもマイケル・ジャクソンについて問われたことがあるが、そのときは「素晴らしい。新作を出すべきだ」とだけコメントしていた。


Source: barks
| Paul McCartney news | 18:35 | - | - | - | - |
ポール・マッカートニー、ザ・キラーズを気に入る コラボにも前向きな姿勢
ポール・マッカートニーが米ロックバンド「ザ・キラーズ」とのコラボに前向きな姿勢を示している。英サン紙(電子版)が伝えた。

 サン紙によると、ポールは先月、ザ・キラーズの公演が行われたロンドンのロイヤル・アルバート・ホールの楽屋でバンドのメンバーと対面。ザ・キラーズとのコラボについて「喜んで一緒に取り組みたい」と語ったという。

 ポールに近い情報筋は次のように話している。

「ポールはザ・キラーズの公演を本当に楽しみ、彼らの音楽、姿勢についても気に入ったようです。バンドのメンバーと会えたことも喜んでいました。音楽面で何か一緒にやりたいとポールに告げられたザ・キラーズの面々は、とても驚いたようです」。


Source: IANS
| Paul McCartney news | 22:06 | - | - | - | - |